FC2ブログ
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2008'05.26.Mon

改めて

「剃刀」10公演、お疲れ様でした!

えー、初日観た時は正直「うーん・・・?」という感じだったんですが。向こうが慣れてきたのかこっちが慣れてきたのか、後半は面白く観られました。でも初めて「あ、面白いかも」と思ったのが金曜日ってのもどうなんだ。(遅っっ!)

役者だって人間だから10回全く同じ芝居するわけじゃないし(同じだったらそれこそ『機械』でしょ?)日々変わっていくのも舞台の面白さだと、個人的には思ってますが。

最初も脚本が私の好みにハマらなかったってだけで、役者さんはいつもながら素晴らしかった。当たり前だけど、ウォーキングに出てる人って皆さんめちゃくちゃ上手いんだよな・・・。素人目にも凄いのがわかる。あんな凄いもの間近で見せて頂いて、いつも感謝しております。

憲明さんは「リアル」を追求する演出をされる、って色んなところで目にするんですが、私はそれがすごく好きで。セットもそうだし、台詞回しとかちょっとした仕草とか。演技だって事を忘れられるくらい、その世界に入り込んで観られるのがとても気持ち良い。

芝居です!ってタイプのお芝居よりも、本当にそこで生きているように見える方が自分は好きなんだ、って確信したのが「Dog-Eat-Dog」だっていうのもあって、ウォーキングは私にとってかなり大きな存在です。

そして生まれて初めて役者が「役にしか見えない」って思ったのは、林檎の小笠原だったり。今でもあれはターニングポイントだったと思っています。

だからTOPSは、すごく大事な場所。


楽屋がめっちゃ狭いとか、階段が凄いとか(笑)役者さんにとっては色々大変な小屋だとは思うんですが、私はTOPSが一番好きなので、毎年立って頂ける事、立たせて頂ける事、幸せに思っております。また来年も、来られますように!


お付き合い頂いた皆様もありがとうございました☆何だかんだで舞台には集結してるのが可笑しい(笑)観る日が合わなかった方々も、お声かけてくださってありがとうございました~。次は9月かな?またお会いできるのを楽しみにしております。

本当に、お疲れ様でした!
スポンサーサイト
津田健次郎トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。