FC2ブログ
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2008'08.07.Thu

キラキラ★トークライブ REC.2

「キラキラ★トークライブ REC.2」
2008年8月5日(火) 19時 新宿LOFT/PLUS ONE

出演:鎌苅健太・津田健次郎
ゲスト:河合龍之介・兼崎健太郎


津田視点レポですが、普通にテニミュ好きでもあります。それをふまえた上でどぞ!

会場は新宿歌舞伎町、LOFT/PLUS ONE。イベントができるダイニングバーとの事で、小さいステージが壁側に。それを囲むように椅子とテーブルが並べてあったり、桟敷席みたいなのがあったり。立ち見の人も沢山いました。全部で200人弱くらいかな。テーブルなしでつめたらもうちょっと人入れそうなのに・・・。お店の方針もあるんだろうけど、チケが激戦だったからできれるだけ入れるようにはしてほしいなぁ。


●前説

まずは進行役のMMVカワカツさん(多分)が登場し、片岡さんを呼び込み。「キラキラがいると誰も自分を見てくれないから、俺の話を聞かざるをえない状況で喋る!」との事で、まずは片岡さんだけで『新宿区歌舞伎町保育園(仮)』の説明。

元々片岡さんが歌舞伎町が好きで、昔からよく来てるからいつか恩返ししたいと思ってたそう。働いてるお姉さん達には子供を育てながらの人もいて、24時間子供を預けられるところがあればそういう人も安心して働けるんじゃないかなーと思ったのが元々のきっかけ。

それとは別に、最近テニミュをはじめ若手の俳優の子と接する事が多くて、「この子達が小さい子供と遊んでるとこが見たいなー、いいだろうなー」と思ったので、くっつけて映画にしてみた!っていう。設定は元ホストだけど、ホストクラブのシーンは殆どない。

大体の役どころも決まっていて、本人の性質を活かすようなキャラクターにしたいとの事。これはあくまでも片岡さんのイメージで、これから脚本書いて貰うから変わっちゃってたらごめんね!って(笑)

・鎌苅健太
リーダー的存在。保育園の責任者。

・河合龍之介
やる気がなくて、とりあえずホストやってたような男。
頑張らないので売り上げも大した事なかった。
が、子供と触れ合う事で変わっていく。

・兼崎健太郎
体はデカいが心優しく家庭的。料理洗濯、家事が得意。
洗濯物をピシッと干して満足気に笑ってるような子にしたい。

・宮野真守
顔芸で子供を笑わせる。

ストーリーも面白そうで、個人的にはかなり楽しみです♪


●呼び込み

そんなこんなで片岡さんが6分以上喋った後、一旦捌けてからカワカツさんが鎌苅君と津田さんを呼び込み。おしぼりとか撒きながら来ました。何でおしぼり(笑)

それぞれの服装は鎌苅君河合君兼崎君のブログを御参照ください。津田さんはこれにプラス黒縁眼鏡。津田さんにしては珍しい感じの服で、何か首周りって言うか肩がエロかった・・・。

鎌「どうもー、津田健次郎です☆」
津「どうもー、鎌苅健太です」
って馬鹿!(笑)

「片岡さんの話が長い!!」と文句を言う2人。「一番キラキラに相応しい」とか、散々片岡さんを頭ネタでいじってたけどいいの?(笑)でもここの2人のオープニングトークも結構長くて、「俺達も大概長いな」って自己ツッコミしてました。

髪切ったよー♪黒くしたよー♪どう?茶髪とどっちがいい?とか言うケンケン。どうも前の方のお客さんが「津田さんがいい」って言ったのかな?「間髪入れずにそれかよお前!!」みたいなツッコミしてたけど、「まぁ兄さんなら仕方ないわv」って(笑)

何でだか忘れたけど「今日はフワフワRADIOだ」って事になってた。何でだったかなー。

しばらく喋った後、ゲスト2人を呼び込み。2人も何か撒きながら来たけど、兼崎がせんべいだったのが気になって河合君覚えてない・・・。

「おじいちゃんも来てー」ってケンケンが呼んで、片岡さんも再登場。下手から、カワカツ→津田→鎌苅→河合→兼崎→片岡の順。小さいステージなので6人は結構狭そうでした。

バーなので、まずは飲み物をオーダー。龍ちゃんと兼崎はとりあえず生!ケンケンが「今回はお酒我慢する~」って言ってたら、「明日公演なんだっけ?」と片岡さん。「違いますよ!俺達次8日!ちょ、プロデューサー!?把握して!」って。もう今回人数多くて把握できない~って言ってました。

ソフトドリンクは何が?って流れで津田さんがメニューを読み上げて、ケンケンはミルクをセレクト。客席後方のバーカウンターに「ガムシロ1個入れてくださ~いv」ってオーダーしてました。津田さんはジャスミンティー。

もうオーダーしたのにきゃっきゃしながらメニューを見てる龍ちゃんと兼崎に、「君らはもう頼んだやろ!」と津田さん。ちなみにゲスト2人は、途中で生をおかわりしてました。

そんな感じで御挨拶など。津田さんと河合君は初対面。兼崎とは飲み会で1度会った事があるらしい。何の飲み会!?

津田さんが「兼ちゃんはめっちゃ飲むって聞いたよ!」とか言ってました。ディアミュの打ち上げで朝7時まで飲んでたとか、めっちゃ飲むから奢るの嫌がられるとかいう話が片岡さんからも。

河合君が「何で『つんちょ』なんですか?」って言うので、アニメの不二役の甲斐田さんが~って説明を。会場も「そうだったんだー」って感じで、今更ながら超アウェーなのを実感(笑)

兼崎とケンケン&龍ちゃんも面識はあるものの、ドリライ4thで一緒になったくらいでそこまで絡みはないから緊張してるみたいな事を言ってました。

兼崎がケン龍より歳下には見えない~と津田さん。ケン龍も同い年には見えないけどね、と。龍ちゃんは昭和の匂いがするって言われてました。当たってる当たってる(笑)

兼崎の「ケンケンさん」って呼び方が新鮮で、ケンケンは照れるし会場は妙に盛り上がるし。「もう1回呼んで!」とか声が飛んで、何回も「ケンケンさん」って言わされてました(笑)嬉しそうなケンケンがかわゆい(*´∀`)ちなみに河合君は「龍さん」。龍→鎌は「ケンちゃん」で鎌→龍は「龍」。

今日「ケン」多いよね、って言って左から健次郎、健太、健太郎。とか言ってたら「俺は…?」って微妙に拗ねる龍ちゃんに兼崎が「俺達『太郎』繋がりですよ」と。一瞬全員ぽかーん。龍ちゃん、太郎じゃないし!龍之介だし!!(笑)素で間違ったらしく、めちゃめちゃ謝ってました。でも気持ちはわかるよ!古風な名前って言うか、ね!

イニシャルも、ケンケンと兼崎がKKで他も皆Kがつくなーと。ケンジロウ、カワイ、と来てカタオカとカワカツなので、すげー!みたいな事に。「雷やし、米やし、ロフトプラスワンやしね」とケンケン(笑)

初対面の時の印象は?って流れでドリライ4thの話に。裏でケンケンとTakuyaが喧嘩してて、兼崎が横を通り過ぎようとしたら2人に「何で止めてくれないの!!」って怒られてびっくりしたと。しかも「兼ちゃんはいまいちやったな~」とか言われた(笑)

ケンケンはそういう悪戯が好きらしくて、しょっちゅうTakuyaとかとやっては止めに入ってくる人に「やーい、ひっかかったー!」ってやってるんだけど流石にまっちゃん(ミュ田仁志役・松崎裕氏)が「よし、とりあえず落ち着け。もう開演10分前やからな。俺が話を聞こう」って真面目に止めに来た時はちょっと焦ったって。引くに引けなくて喧嘩芝居を続けたけどTakuyaが笑っちゃって、でもそれにも気付かないくらいまっちゃんがマジだったから茶化せなくて2人で謝ったそうです(笑)

その話聞いて、「俺そういうの見た事ある!どこの現場でもやってるやろ!」と津田さんが。ケンケンも苦笑しつつ認めてました。

この間ちーちゃん(樋口智恵子嬢)がテニミュ観に来てくれたんだけど、その時に兼崎の話をしたら「どうやらちーちゃんの事怖がってるらしいやん?」とケンケン。「何が怖いの??」と不思議そうな片岡さんに、「"いじめてやるぞ"って目が怖い」と兼崎(笑)


●映画

映画の前夜祭なんだから映画の話!と振られたのに、「でもまだ何も決まってないしね」と1秒であっさり切り捨てる龍ちゃん。自由すぎる(笑)

まだ脚本決まってないから要望あるなら聞くよ~って流れでお客さんにも何か要望ある?とか聞く片岡さんに、「そんなん急に言われてもなぁ」とフォローしてくれる素敵鎌苅氏。「例えばどんな要望?」って片岡さんに振ったら「それぞれ、絡む子供は男の子がいいか女の子がいいかとか…」って言われ、具体的すぎるやろそれ!!と爆笑してました。

撮影は11月5日~20日の予定で、津田さんはアプルでマリアさん真っ最中なので出演は難しいとの事。「でもどうせ歌舞伎町にはいるから出して!って言うか駄目って言われても写り込みに行く!!」って。どのシーンにも無駄に写り込んでるとか、そこで小芝居するとか。その後もずっと映画の話になる度に、行くとか出してとか言ってた(笑)

歌舞伎町保育園はキラキラMOVIESシリーズの第3弾なんですが、シリーズ全体についての話なんかも。

テニミュは本当に沢山のキャストがいるので、卒業した子達も含め共演できたらいいんじゃないかと始まったのがこのシリーズ。

第2弾の「花ゲリラ」はもう撮影が終わっていて、小西遼生君も永山たかし君もいい演技をしてくれたと片岡さん。

ケンケンは小西君とは面識がある程度らしいんだけど、前に御飯食べながら小西君の話をしてたら偶然小西君がそのお店に来てびっくりした事があるって。そもそも何で小西君の話をしてたのかが気になる(笑)

小西君はシュガシュガルーンで津田さんと1年間共演してたんだよ~と、片岡さんが補足してました。ピエールね。

「兼ちゃんは(小西君と)面識ある?」って聞かれて「一緒に飲んだ事あります」って。飲み会ばっかじゃん!ってツッコまれてたけど、「それも大事やな」ってケンケン。本当にこの子は上手だわ。

マモ(宮野真守君)は1から3まで全部出てるんだけど、龍ちゃんが「マモは本当面白いよね~。顔が」ってしみじみ言ってたのがツボった(笑)和製ジム・キャリーとかも言ってたけど、「あの骨格からあの声が出るのが信じられない!ずるい!」ってケンケン。

「津田さんは声の方で共演は?」って聞かれて「ドラマCDか何かで1回」って言ってたけど、トリコンね~。1回しか共演ないんですね。もっとある気がしてた。

ケンケンが「最近ソウルイーターってマンガを貰ってハマって読んでるんだけど、アニメの告知があったから見たらそれにもマモが出てた。またお前か!」みたいな事を。津田さんも出てるよーとか思ってたら、「それ俺も出てる。ミフネっていう役で」って自己申告してました。でも本当出番なくて、「半年くらい空きで」とか言われたらしい。

「まぁまぁ、『隠の王』があるじゃないですか」とか言ってたケンケンすげー!詳しいね。


●テニミュ

流れは忘れたけど、公演中のテニミュ氷帝全国についての話も。

四代目菊丸のマオ君(浜尾京介君)が「ケンケンに似てるって言われる」って言って来たらしく、「あんなキレイな子に似てるとか嬉しいわぁ」とか可愛い事を言う鎌苅氏。あなたも大概キラキラですよ!!

マオ君と豊田君(四代目大石)は特にケンケンに懐いてて、2人で鎌苅宅にお泊りしたこともあるとの事。ボールの音を流して練習したりもしてたって。

ケンケンは下の子達にも慕われてるみたいで、龍ちゃんが「本当皆懐いてるよねー」って言ってました。

でも、若い子達相手に馬鹿やってるとこを氷帝(A)メンバーに見られるのは恥ずかしいらしい(笑)逆にわっしー(A樺地役・鷲見亮氏)とかがやってるのを見ると、「もう、わっしーってば馬鹿やっちゃって」ってにやにやしてしまうとか。

そんな若手チームは、本番前に黒髪短髪にして行ったら「いいっスね!」ってすっごい褒めてくれたと嬉しそうなケンケンがかわゆ!今一緒にやってる子達は、皆初めて見るもんねー。

氷帝Bの初日はAメンバー5人くらいで一緒に観たらしいんですけど、直前まで観られるかどうかわかんなかったから、観ていいって言われて客席へのドア開ける時本当緊張したってケンケンが。「でも俺達、直前まで筋トレとかしてたからね。逆にプレッシャーだよね。お前ら空気読めよっていう」と龍ちゃん(笑)

特に自分と同じ役の子はもう親みたいな気持ちで、「圭(B日吉・細貝圭君)がネット飛び越える時とか、引っかかるなよーって祈ってた」って、龍ちゃんひっかかった事あるんかしら(笑)でも「圭が」って語る龍ちゃんが本当に優しい表情で、私も物凄く嬉しくなりました。氷帝Aが大好きだからこそ、AがBを可愛がってるのがすごく嬉しい。

ケンケンもやっぱりD1の試合中は特に手に汗握ってたと。B鳳の李君が本番前日くらいにスカッドのタイミングをミスったらしく、サーブ打つ度にドキドキしてたら隣でA鳳の瀬戸祐介君もめちゃめちゃ手握り締めて祈ってて、成功したら小さくガッツポーズしてたとか。ってゆか瀬戸君、気持ちはわかるけどお前もだっつーの!(笑)←瀬戸君も今回が初テニミュ

そうやって氷帝皆で見てる中に何故か五代目青学の堀尾のマル(丸山隼君)がいたらしく。マルは青学なのに何故か氷帝にずっといたり、一緒に御飯食べに行きたがったりするそうです。「大人の仲間に入りたいんだろうね~」と龍ちゃん。ケンケンはそんなマルが可愛いらしく、「天性のウザさと可愛さを持ち合わせたニュータイプ」と言ってました。でもめっちゃ可愛いって。

それを聞いた津田さんが「お前が一番可愛いよ」とか言ってたけど、ケンケンに戸惑われてたw

ちなみにマルは「ケンケン君」と呼ぶ。

兼崎と津田さんはまだ観てなくて、観に行くって約束してたけど津田さんは…行くのか?(笑)個人的には、アニメキャストにも観てほしいですけどねー。テニスが好きなら本当楽しいと思う。


●質問コーナー

開演前に会場から質問を募集していたので、その中からカワカツさんセレクトで。津田さんは「こんなに書いてくれるって凄いねー」と感心してました。読み上げるのは津田さん。読まれた子は手上げたかったら上げて、ケンケンがめっちゃ手を振ってあげてました。えぇ子やなぁ。

質問の順番覚えてないので順不同です。回答は一応、答えた順で。

・元気ですか?
「俺こういうの好きv」とケンケン。私も好き(笑)

・好きな季節は?その理由は?
津→秋。キュンとするから
鎌→初夏。寒いの苦手。太陽が好き
龍→夏。でも今年は劇場だなぁ…
兼→夏。

兼崎は夏、海パン履いてサンオイル塗って公園のベンチで筋トレとかしてるらしいです。会場ドン引き(笑)「いやでも男は普通に上半身裸で公園とか行くって!!」と、ケンケンが熱弁してました。

・パンツの色は?
鎌→ショッキングピンク
津→スカイブルー
兼→白のブリーフ(嘘)
龍→黄色(ケンケン談)

前回のREC.1でも出た質問。「赤パン履いて来るって約束したんやけどな、今日履いて来てない」(えー!)「今日はね、めっちゃ地味な・・・ピンクでーす☆」って、ちらっと見せてくれました(笑)敢えて赤を外してピンクで来るとこがイイね!そういうの好き♪

津田さんも見せてくれたけど、本当鮮やかなスカイブルーだった。すかさずケンケンが「見えない人は、あのZIMAの色ね。想像して。多分そっちのが楽しいからv」とS発言。素敵。津田さんはわざわざ前回と同じのを選んで履いて来たらしく、「また呼んで貰える事があってもこれしか履かない!」って宣言してました。

しかし2人共、色はいいとしてその生地は何・・・?何かサテンみたいな感じだったんですけど!テカテカしてストレッチっぽい。シルクなの?形は?ボクサー??いや、別に男のパンツにそこまで興味はないですけれども(笑)

兼崎は「白のブリーフです」とキャラを読んだ発言。すぐ「嘘です」って否定してたけどね。龍ちゃんはケンケンが覗き込んで「黄色やな」って。

・何王子ですか?
兼→米王子
龍→納豆
鎌→米
津→海苔

兼崎は会場の声により「米王子」に。「でも俺もお米好き!納豆御飯!」と言う龍ちゃんに、「えー、俺も米好きやのに!」とのっかるケンケン。「米、納豆、米で納豆巻きやん」ってツッコんだら、会場から「海苔」と言われる津田さん。結局片岡さんも海苔になって、納豆巻きとして落ち着いてました(笑)

「片岡さん海苔やったら足らんな」「手に米がくっつく」と、片岡さんをネタにしてるケンケンと津田さん。いいの?ねぇ、本当にいいの??ここ以外でも、ちょいちょい片岡さんの頭ネタを呟くケンケンに、「楽しいの俺達だけやで」と言いつつ津田さんも笑ってました。

「兼ちゃんはお米なの??」と、兼崎=米を今知ったっぽいケンケンと龍ちゃん。むしろ知らなかった事にびっくりだよ!ケンケンは「俺も米好きなんやけどなぁ・・・。でも俺はどっちかと言うと漬物か」って言ってたけど、流石に兼崎以上の米キャラになるのは難しいでしょー。最初のPVで「好きな食べ物は、お米です」の人だしな。

この流れから終盤、兼崎:米、龍:納豆、ケン:漬物で朝食ユニット『朝ごはん』とか言ってました。意味わからん!津田さんが味噌汁。片岡さんが海苔(笑)

・へこんだ時の復活法は?
龍→あんまりへこまない。寝て起きたら忘れてる
兼→龍ちゃんと同じく。米食べて寝る
津→一番下まで落ちてみる。そこから思いっきり上がる

ケンケンはすごくいい事言ってたようなイメージはあるんですが、長くて覚えてない(ぎゃー!)

龍ちゃんは見かけによらずあんまり悩んだりしないタイプらしく、「演助のヨッティ・・・井関さん(井関佳子さん)からも『考えてそうで何にも考えてないよね』って言われる」って言ってました。

それ聞いて兼崎も「俺もそういうタイプです。寝れば大丈夫」と。ケンケンが「米食って寝るって事で!」と米押しに。

津田さんはよく話してるように、とにかく一旦思いっきり落ちろと。中途半端に落ちたら上がるのも中途半端になるから、一番下まで行ってから反動で上がるのがいいみたいな事を。ケンケンがしみじみ「これは本当勉強になったわ」って言ってたのが印象的。「ドーン!ボーン!ガーン!みたいなね」ってまた相変わらず適当な(って言うか、小野坂さん的なw)事言ってたら、龍ちゃんが「長嶋さんみたいですね」ってくすっとわらってたのがかわゆかった。

・映画に向けての意気込みを漢字1文字で
津→「希」出演希望の希。出たいから
鎌→「気」やる気とか気合とか
龍→「恥」恥を捨てたい
兼→「米」(会場の声により強制)

まず、この漢字1文字っていうのがACTORS TVのネタだねと片岡さんが補足。津田さんは「楽」、兼崎は「心」と書いたって話をしてたら、ケンケンが「俺も『楽しみ』で『楽』にしようと思ったのにー!何で言うん!?」って怒られて、ちっちゃくなって謝ってた津田さんがちょっと可愛かった(笑)

難しくてなかなか出ないので、「俺はねぇ」と映画に出ないのに意気込みを文字にする津田さん。ナイスフォロー。

「被るのとか嫌やから違うの考えよっ」って言ったケンケンが出したのが、「気」でした。

龍ちゃんが「恥」って言った時は会場も「何で??」って感じだったんだけど、理由を言ったら「おぉー」と。それ見たケンケンが「龍が言ったら何でもめっちゃえぇ事言ってるみたいに聞こえるけど、実は大した事言ってないで!ほんまズルいわー」とか(笑)

兼崎は悩んでたら会場に「米」って言われちゃって、津田さんも「映画に対する意気込みが『米』て!」ってツッコんでたんだけど、まぁ最終的にはお釜で御飯を炊こう、というとこに片岡さんが上手く落としてました。(炊事洗濯キャラだからね)

・暑さを乗り切るにはどうしたらいいですか?
龍→脱ぐ

これ、他の人の回答が記憶にないですすみません!(せめて津田さんのは覚えとけっつー話ですよ)

龍ちゃんは家では全裸らしいですよ。ケンケンの家に泊まりに行った時は流石に着てたけど、パン一だったそうで。

・新宿の第一印象は?
鎌→アルタ!!←全力
龍→第一印象を覚えてない。ごちゃごちゃ・・・かな
兼→俺もアルタは最初に行きました

龍ちゃんは新宿大好きなので、「もう来すぎてて(第一印象とか)わからんやろ」とケンケン。ゴールデン街とかでよく飲んだりしてるそうです。ゴールデン街って??という感じの兼崎に、「昔の建物が残ってて飲み屋が300軒くらい集まってるとこで、映画とか舞台とか創る人達がよく集まるんだよ」と片岡さんが説明してたら、さらっと「昔は青線だったとこなんですよね」と爆弾を落とす龍ちゃん(笑)津田さんとケンケンは「それ言う!?」ってちょっとあわあわしてたけど、兼崎はじめ会場もあれが爆弾だってわかってない人多そうだったから大丈夫ですよ多分。

・「いないいないばぁ」をするならどんな?
兼→(スタンダードに変顔)
龍→(ベロ出しで変顔)
鎌→(いないいなーい、ぶさいく!)
津→(デスメタール)

映画にちなんでの質問。それぞれ変顔でやってくれました。

髪を分けるだけでどよめきが起き、「エロい」とか言われる兼崎。

ケンケンは友達の子供に「いないいなーい、ぶさいく!」ってやるのが好きで、「いないいなーい、ぶちゃいくー」って子供がやり返してくれるのが可愛くて仕方ないらしい。でも本当、あのキラキラがここまで!ってくらい酷い不細工顔でした(笑)しかも「見えなーい」って会場の声に応えて、「もーこんなんいくらでもやるで」って各方向にやってくれてたのが凄い。サービス精神が素晴らしいね。

津田さんは、中指とか立ててメタルな感じ。あれ、私メタルの認識間違ってますかね?ケンケンが「はーい、モザイク」とか言って顔の前で手をひらひらしてました。

片岡さんは「いないいない」の時点でいなくならない、って自虐ってて(頭がね)相変わらず津田さんとケンケンは爆笑でした。

「これラジオじゃ全然伝わらんな」みたいな話も。

映画が決まってケンケンが兼ちゃんに「子供好き?」って聞いたら、めっちゃいい笑顔で「好きです!」って言われて可愛かったみたいな話もしてたような。

・赤と白のバラで花束を作ります。何本ずつにしますか?
鎌→白10本
津→赤10本
龍→赤10本
兼→赤5本・白5本
片→赤9本・白1本

これは心理テスト。SM度がわかるって事で、白がS、赤がMらしいです。ケンケンは元々知ってたけど、最初に聞いた時に白10って答えた~と。(ドS!)

津田さんは、Mの皮を被ったSだから赤いバラの下に白いバラがあると言ってました。あー、何かそれわかる。

「龍はドMやもんな」とケンケンに言われ何故か嬉しそうな龍ちゃん。既にMな空気(笑)

兼崎はバランス良く。

片岡さんはM9のS1なので「虐められたいけどちょっと虐めたい。あ、虐められる為にちょっと虐めてみるのか!」みたいな事をケンケンが。

・昨日、今日と豪雨ですが兼崎さんの力ですか?

兼ちゃんは有名な雨男らしく、大概雨が降ると。ケンケンは晴れ男なので、負けたー!と悔しがってました。「それ先に言っといてくれたら俺も本気出したのに!俺は天気を操れる男やからね」とケンケン。そのうち勝負しようぜーって事になってたんですが、「結果はくもりやったりしてね」って津田さんの呟きがツボに入ってケンケンが牛乳吹いてた。

それ見て津田さんが「前の人大丈夫でした?流石に牛乳はあかんやろ!!」とか言ってたら、会場から「かけられたい~」と次々に声が。出演者ドン引き(笑)津田さんが「いや牛乳は…雑巾とか大変な事になるで」って言ったら、ケンケンに「牛乳に雑巾ってその発想が古いわ!昭和!」って言われてました。でも龍ちゃんはわかるって。昭和同盟。

・メールで顔文字は使いますか?
鎌→使う。絵文字とか組み合わせて使う
龍→使わない
兼→絵文字は使う
片→絵文字は使う

津田さんの回答だけ覚えてません・・・。多分使わないって言ってたと思うんですが。

ケンケンは、笑顔と星とか走ってる人とダッシュマーク?とか絵文字を組み合わせで使うと。ここには何がいいかな・・・ってちょっと悩んだり、上手くハマると嬉しかったりらしいです。兼崎も概ね同意。

龍ちゃんは使わない。龍ちゃんのメールは男前で、本文の最後にちょっと間空けて「頼りにしてます」とか書いて来るからケンケンはぐっとくると。

片岡さんも絵文字は使うけど、デコメまではしないなーとか言ってたら龍ちゃんが「デコメって何?」って言い出して会場騒然。使い方がわからないとかじゃなく、デコメそのものを知らなかった!流石・・・!ケンケンが今度送ってあげるって言ってました。「でも龍、送っても『ありがとう』とか一言で終わりそうやからなー」と不満気だったんですけど、それ以上の何を求めてるのだ(笑)

津田さんも、デコメはしないけどどんなもんかはわかるって。片岡さんは女の子とやり取りをするので覚えるみたいな事を。(歌舞伎町~)

・監督になって、自分以外の3人で映画を撮るなら?
鎌→コメディ
龍→アクション。セーラー服で田んぼでアクション
兼→ケンケン主演ラブストーリー

津田さんの回答を覚えてません・・・。答えてたっけ?

ケンケンは普通にコメディって言ったのに、「ディ!」って言われ、期せずしてダジャレを言ってしまった恥ずかしい人なのを津田さんが散々いじってた(笑)「だんだん『コメディ』って言葉が面白くなってきたな」と楽しそうなケンケン。「真面目そうな3人だから、敢えてコメディ。真面目にやってるんやけどそれが面白いみたいな」だそうで。でも、キサラギみたいなのもいいなーって言ってたかな。多分。キサラギ好きらしいです。脚本がいいって絶賛してた。

回答聞いて「この子はウケ狙いとかじゃなくて本気やからね!!」と念を押すケンケンを、当たり前なのに何力説してんだろーって感じでぽやーんと見ていた龍ちゃんがかわゆ。うん、本気なのはわかってる(笑)

・腹筋100回やっても割れないなぁと思っていた矢先、夢に兼崎さんが出て来て「俺は毎日700回やったからね」と言われました。本当ですか?

700回はやってないって(笑)でも、何か凄い回数やってました。1時間に何回って言ってたかな・・・。最終的には「頑張ってください」と励まし(笑)

質問が幅広くて、どれも面白かった~。ケンケンも「予想してたのはパンツくらい」と言ってました。


●その他

どこでどういう流れだか忘れたけど話してた事。

ステージ両脇にも座席があったからそこに座ってる人はかなり見えづらかったみたいなんですが、それを言われた津田さん(カワカツさん除くと左端)が、見えるように時々後ろに下がったりしてあげてました。最後までずっと何回もやってたのは流石。そういう気遣いは嬉しいですな。寝そべってサボってる人みたいになってたけど(笑)

何故かキレキャラになってた龍様。キレキャラって言うか一瞬怒った顔してみせるだけなんだけど、その怒った顔が格好良くて超ときめきました(*´∀`)笑顔も本当可愛いけど、怒った顔も素敵だ。私、眉間の皺フェチなんですよね・・・。

兼崎は同じ飲み物を毎回2杯ずつ頼む。一気に沢山飲みたいらしいです。ハイボール好きとか言ってたような。

龍ちゃんが何かに昭和発言。津田さんが「近いものを感じる」とか言ってたら、ケンケンが「ここは会わせてみたかった」みたいな事を。わかるわかる。

途中津田さんか龍ちゃんかがちょっと下ネタ的な事を言って、「まぁおっさん4人集まったらこんなもんですよ」ってケンケンが言ったら客側から「(片岡さん入れて)5人じゃ?」って言われてたんだけど、「そこはもう1つ上の段階やったわ」って。完全におじいちゃん扱い・・・(笑)

ケンケンがちょいちょい「スタッフぅ~!」をやってたw

何かの時に「可愛い~!」って言われて「可愛ない!正直どうしたらいいのかわからん!!」と言う津田さん(笑)ケンケンもおっさん扱いしてたけど、それが嬉しい。何か無駄にイケメンイケメンって祭り上げられる事が多いから・・・。しかしケンケンは人を弄るのと褒めるのが物凄く上手ですな。

何かの質問で(漢字1文字だったかな?)龍ちゃんがなかなか答えを決められなくて、話が他の方に流れそうになる度に「で、龍は?俺そういうの逃がさへんよ」って龍ちゃんを追い詰めてたケンケンのドSっぷりが素敵でした。

かなり終盤。兼崎が龍ちゃんの肩あたりを触ってるのを見てケンケンが「ちょっと何触ってんの」みたいな事を言ったら、「いや俺名前を間違ったのが本当申し訳なくて」と。ずっと引きずってたのか!

何でそうなったのか忘れたけど、兼崎に「たるんどる」って台詞を客席が強要してたのが、個人的にはちょっと・・・。話聞いたらイベントとかでも言わないらしいですし、役に入ってからじゃないと台詞言いたくないタイプなんだなってのは私でも見てればわかったのに、何であんなゴリ押しするんだろ。誰のファンかわかんないけど、明らかに困ってるのによく言えるなぁ。「帽子がないと真田に見えないから」とか、龍ちゃんに「こういう時ってどうすればいいんですかね、先輩」とか言ってたけど、結局言わないと納まらない空気だったので可愛く小声で「たるんどるv」って言ってました。こういう時さらっとやれた方が格好良いし楽だとは思うけど、演じる事に対してすごく真摯なのはわかる。

龍ちゃんは「下克上だ」、ケンケンは「激ダサだぜ」、津田さんは「データは嘘をつかないよ」をそれぞれやってくれました。津田さんは当然だけど、龍ちゃんとケンケンも声がいい!やっぱ声って大事だわー。普通に喋ってる時とは発声も声量も全然違って、流石。

最後に振られた片岡さんが「You still have lots more to work on.」でオイシいとこ全部持ってったー!!(爆笑)これ、マジでツボでした。ケンケンが耳打ちして、兼崎が「片岡たるんどる」って言わされてた。(真田じゃなく、ちまっと言ってたけど)

兼崎嫌がってるんだからケンケンも振るのやめなよーと思ったけど、最後に「それだけ役を大事にしてるって事やね。役者ですよ彼は。あ、でもそんなん言うたら俺らがダメみたいや(笑)」とフォローしてました。

最後「そろそろお時間が・・・」ってなった時に会場が「えー」って言ってたら、津田さんが「遠くから来てくれてはる人とかは帰れなくなりますからね」って言ってくれたのはちょっと嬉しかったり。毎回こうやって、遠征組気にしてくれる気遣いは嬉しいっす。


●告知

津田さんはゆらゆらマリアさん東京少女、某声優雑誌で女装グラビア、の4つ。ゆらゆらの時に龍ちゃんが「あ、ベニサン」って呟いてたのが嬉しかったv(龍ちゃんは2006年に「スラブ・ボーイズ」でベニサン立ってます)

「詳細は僕の更新されてない公式サイトを見てください」といつものフレーズ(苦笑)や、でも最近NEWSはかなりちゃんと更新してくれるようになりましたよね!

龍ちゃんは「地球でたったふたり」という映画が公開されるので、是非観てほしいと。一緒に出演してる女優さん(事務所の後輩)が龍ちゃん司会のWEBTVの「T-TIME」にゲスト出演だそうで。こちらは再放送もあります~。あと、これから映画になって出演する予定のケータイ小説が龍ちゃんのブログでも連載されてるので、それも読んでくださいと。ケンケンは一瞬龍ちゃんが書いてるのかと思ったらしいですけど、ちゃんと否定してました。

兼崎は告知を書いた紙を忘れて、スタッフさんに回して貰ってた(笑)ディアミュのDVDと、真田十勇士

ケンケンはとりあえずテニミュと、映画(歌舞伎町保育園)をよろしくだったかな?


●締め

最後皆さんに一言ずつ御挨拶をーって感じだったと思うんだけど、あんまり記憶が~。

津田さんは多分、また呼んでください的な事を。ケンケンが「今日は本当兄さんいてくれて良かった~!安心できる」って言ってたのがかわゆ。1人で回す力は十分あるのに、本当えぇ子やのう。

龍ちゃんは「こんなに沢山のお客さんに来て頂いて・・・」みたいな事を言ってたんだけど、「女の子ってこんなにいるんですね」とか言ってて吹いた。何じゃそりゃ!(笑)男ばっかりの現場だから、世の中に男しかいないような錯覚に陥るらしい。こういう事を普通に言うから面白いよね。

ケンケンは「これからもキラキラRADIOと俺達4人をよろしくお願いします!」で締めようと思ったら「よろしくお願$@#*」っていいとこで噛んじゃって超へこんでた(笑)

最後に恒例の「キラキラ?」「レイディオ~!」で。俺達が「キラキラ」って言ったら・・・っていうのをケンケンが龍ちゃんに説明する時にマイクオンで小声だったから、「マイク入ってたら内緒話の意味ないで」って津田さんがツッコんでた(笑)

捌ける時に津田さんが通路の一番後ろまで来てタッチしてったので、続く3人も後ろまで来てくれてました。会場、軽くパニックだったけど大丈夫だったのかな・・・。



カワカツさんはどっかで見た事ある気がしてならない!まぁMMVの方なら多分何かに出られたりしてたんだと思うんですが。さっぱりしたMCで、私は好きでしたー。

何か本当謎なメンバーと言うか、津田さんがいる意味が全くわからなかったけど、なかなか見られない組み合わせで楽しかったです♪お疲れ様でした!
スポンサーサイト
津田健次郎トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。