--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2010'10.31.Sun

「コーサ・ノストラの掟」

お疲れ様でした。面白かったー!

小劇場公演にしてはちょっと期間長めでしたね。
モリエール初めてだったんですが、いい劇場で通いやすいとこで何よりでした。
やっぱり新宿が好き。

いつものメンバーにも会えて、相変わらずで、ここがホームだなあなんて改めて実感してみたりして。

いい舞台で、いい芝居してるのを見ていられるのが、私にとっては一番の幸せなんだなと再確認でした。
次も楽しみにしてます!


以下感想とか。

とにかく面白かった!
初日観終わって最初に浮かんだのがそれでした。

何より脚本・演出が好み。ああいう何の説明もなく話が進んで、且つミステリ要素もあり人間ドラマもありっていうのが好き。

話の運び方とか音楽の使い方とか暗転とか、受ける印象が憲明先生っぽいな、ってちょっと思いました。慶君憲明先生出てるしねー。

『ファンタジー』を創るっていうのは『リアル』を追求する憲明先生とは真逆なのに、受ける印象が似ているって言うのが面白いなって思ったんだけど、慶君の世界観が『ファンタジー』でありながら『ファンタジーの上でのリアル』を追求されてるからなんじゃないかな、と。

世界全体はファンタジーなんだけどそれぞれの登場人物がちゃんと板の上で生きていて、そこに私は惹かれたんだろうな。

キャストも本当素敵な役者さんばっかりだった!
伊達さん平沼さんは発表された時点でもう超楽しみだったんだけど、良い意味で変わってないなーという印象。芝居がぶれない。伊達さんのあの雰囲気と台詞回しすごい好き。

平沼さんも芝居自体は好みとはちょっと違うんだけど、あの曲者っぽい感じって言うか、何か企んでそうな笑顔とかが超好き。そこは御本人にも共通(笑)

そういう意味では、それぞれとっても持ち味を活かした役だったんじゃないかと。ジンのあのにっこり笑顔でゾクっとするような事言っちゃう感じとか良かったな。

他は初めて拝見する方ばっかりだったんですが、皆さん役にぴったりで。川久保君のレイの昔のヤンキーみたいな硬派さと可愛らしさとか、りかちゃんヒナの清楚で強い感じとか。ヒナあんだけ美人だったら貧乳でいいじゃん><(笑)

小西アンナもすごく綺麗で素敵だったんだけど、最後挨拶で泣いちゃって「本当は強い女じゃないんです」って仰ってたのが、何かすごくぐっときました。大人の女優さんがあんな風に泣いてる姿ってあんまり見ないからびっくりだった。

平沼さんの挨拶通りまさかHAKUEIをモリエールで見る事になるとは思わなかったんだけど(笑)すごく綺麗だったし失礼ながら芝居できててびっくり。歌う流れも自然だったし、良い意味で異質で、そこが良かった。

イタリアマフィアの話だけあって、衣装も皆すごく素敵だったー。男性陣はスーツ万歳。おされスーツいいよね!津田さんは役柄上キチッとはしてなかったのがちょっと残念ですが、ジャケット脱いだサスペンダー状態は結構好きでした。女性2人もすごくキャラに合ってて似合ってた!ヒナの靴はちょっと「うーん?」と思ったけど。あれエナメルか、もうちょっと違う色にした方が可愛かったんじゃないかな…。

初日は帽子もダーツもバシッと決まってたので「おおー!」と思ったのに、楽はぐだぐだだったw伊達さん顔隠して笑っちゃってるし。見えてますけど!(笑)4勝11敗1分けって、案外勝率低かったんですね…。引き分けって何だ引き分けって。

そして津田さんの声。第一声からあまりに酷くて血の気が引いた。今までも楽近くなると多少掠れる事はあったけど、あそこまで潰れてるのは初めてかもしれない。全然声出てない上に台詞言いながら咳込むから、痛々しくて聞いてられなかった。ハルトは小説家演技してる時と本性現してからの声色の違いっていうのも結構大事だったと思うんだけど、楽はそれがあんまり出てなかったし。

風邪なだけならまだいいんだけど、本格的に潰れてるならやばいような…。年齢的なものとか蓄積とかで、今までと同じように出してたら最後までもたなくなってるんじゃ。

舞台は毎回同じじゃなくていいからまだいいけど、アニメとか継続してやってる声のお仕事って"常に同じ声"が求められるわけで。じゃあ明日収録あったとして、乾やスパナや風間の声が出せるかっていうと無理でしょ。

まあ津田さん御本人が一番わかってらっしゃるだろうけど。

楽しか観ない人もいるので、津田さんの良さが100%出なかったっていうのはファンとしては残念。
初めて津田さんを観た人にとっては、それが『津田健次郎』になっちゃうし。


でもトータルでいうと本当楽しかった!
いい舞台で、好きな役者がいい芝居する。
それが一番幸せです。

また、劇場で。
スポンサーサイト
津田健次郎トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。