--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2011'06.12.Sun

for ZERO

moblog_499a34da.jpg

お誕生日イベントに行って来ました!

いやー、津田さんが個人イベント。
役者さんでもイベントやってらっしゃる方って沢山いると思うんですが、津田さん自分発信で何かやるタイプじゃないからなー。面白い事に乗っかるのは好きだけど。
このタイミングしかなかっただろうな、と思うと本当納得でした。
やる方向に持ってってくれた木内つぁんに感謝><

しかしサイン入ブロマイドとか(笑)
アイドルさんやなあ…。
価格が良心的で安心しました。
(写真1枚100円は安いよね?)

会場も面白いつくり。あんな段差高いライブハウス初めて行った('0'*)
ちょっとグローブ座みたい。
すっごい見やすくて良かったです。

出て来た瞬間まずもう、髪色に唖然。
まさかの金髪…!おのさか!(笑)
いやーもう、おっさん×金髪=小野坂さん、な図式が…。
予想外すぎてぽかーんてしてしまった。
確かにずっとブリーチやってみたいって言ってたし、やるなら今だよね!と納得。
しかし万人がそうだけど、金髪にするとおっさんに見え…ごにょごにょ。

絶対芝居か映像はあるだろうなと期待してたんだけど、喜安さん脚本!
色んな40歳の男を40人演じるっていうコンセプトも、内容も好き。
流石だなあ、ってにやり。
特に先生と、語尾が全部「~さ」の人と(これシュールでツボった)男19の『どこにでもいる津田健次郎』が好きでした。
お葬式とか同窓会とか、ほろっとくるのもあったりして。
何故かお葬式で笑いが起きてたの本当謎だったけど。

映像はボブディランとか流れるような、イメージムービーみたいなのでくるんじゃないかなーと思ったら予想に反してシュールなコメディでした。
木内つぁんがいい味w

男1が始まった時に私はすとんと芝居観るモードに切り替わってたんだけど、そうじゃない人が多い雰囲気だったのが印象的でした。映画もそうだけど。
え、明らかに一人芝居始まってるのに声とかかけちゃうの?っていう。
芝居そのものを観るって言うよりは、"津田さんがこんな事やってるのが面白い"って感じなんだなーと。
まあ受け止め方も楽しみ方も自由だから、いいとか悪いとかじゃないんですが。
そして会場のリアクションを、多分アドリブでさらっと芝居に混ぜ込んだ津田さんはちょっと格好良かった。
大人だなあ。

喜安さんとのトークも、1対1なのはいつぶりだろう…?
普段は皆して喜安さんを弄るから、ああやって対面で喋ってるのは新鮮で面白かったです。
付き合いも長いから、話早いしね。
役者としての話とかも出て、聞けて良かった

津田さんの事だから帰りに何かしらあるだろうな、と。
最初の子が握手した瞬間の会場の絶叫にびっくりした

でも皆幸せそうで、微笑ましかったです(*´∀`)
ずっと応援してきてる人にも初めて会った子にも、同じようにフランクなのが津田さんのいいとこ。
私も初めての握手会の時めっっっっっちゃめちゃ緊張してたけど、めっちゃ話しやすいお兄さんだったー!って思ったのすごい覚えてます。

いざ握手ってなると、逆に緊張するんですけどね(笑)
金髪のインパクトが強すぎてそれしか記憶にない…。
生え際ガン見しちゃった本当に根元から完全ブリーチだった><


『返せてない』っていうのはずっと言ってくださってる事だけど、そこまで気にしてらしたのか!ってちょっとびっくりしたりもしつつ。
最初の挨拶はちょっと泣きそうになった。
そう思ってくれてるだけで、十分返して貰ってますよ。
そしていつも言ってるけど、芝居で返してくれれば。
それが一番嬉しい。


津田健次郎を一言で表すと『適当』って書いたけど。
そして本心だけど(笑)
私にとっての津田さんを一言で表すなら、原点です。
芝居の原点。こっちに足突っ込んだ原点。
帰ってくる場所。

これからも、行く先を見続けていたいです。


40歳のお誕生日、おめでとうございました!

moblog_baa54fd3.jpg
スポンサーサイト
津田健次郎トラックバック(0)  コメント(2) 
 |  Back

-

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/06/13(月) 12:14:31 |  | [編集]

-

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/06/13(月) 23:27:45 |  | [編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。