--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2006'02.28.Tue

雑記

「亀の気配」観て来ました。昼がせなかで夜がおなか。劇場の場所がわかってると、無駄に早く行ったりしなくていいから楽でいいなー。感想と言うほど書いてませんが、公演中なので一応追記に入れときます。何と言うか、感想書きにくいんですよね。「Kiss Me You」はどっぷり感情移入型だったけどこっちは第三者的に観てた感じ。考えるよりは感じる芝居でした。

tatsuya、もう今日からですね。何か全然実感わかない。いつもの事ですが。津田さんに関しては全く心配してないので、作品とキャラクターを好きになれたらいいなと思います。皆さん、劇場でお会いしましょう!(真似っこ)
あらすじ読んだ時はせなかの方にはサイコが全く出て来なくて、おなかの方にはフミオが全く出て来ないもんだと思ってたんですが要所要所で全く同じシーンがあるんですね。Wキャストみたいな感じになってました。キャラクターは同じなんだけど当然演じる人によって微妙に違って、最初せなか観た時に違和感があったんですが観てるうちに「これはこれでアリだな」と。

ストーリーはおなかの方が好み。フミオよりサイコが好きだからかなー。せなかの不条理っぽさよりもおなかの「まぁ何か色々どうしようもないけど何とかなるさね」って感じの方が心地良かったです。キャラクターはせなかの方が気になる人が多かったです。太田さんのサイコが好き。勿論サチンさんのも。

昼夜の違いかおなかとせなかの違いかはわかりませんが、夜観たおなかの方が笑いは起きてた気がします。ちょっと身内受け(「内輪受け」ではなく、知り合いがあんな事をやってる!という意味での笑いの意)っぽい感じがしなくもなかったけど。私は共通のラストシーンが一番面白かった。「女将がな」のとこのやり取りは笑いました。最後何回も外見るのも良かったし。

全体的に言葉の使い方が面白くて、やっぱり喜安さんだなぁと思いました。言語感覚が好き。終わった後が凄く淡々としてたのも面白かったなー。劇団の色と言うか、空気って色々ですね。だから芝居は面白い。
スポンサーサイト
津田健次郎トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。